神社検定過去問クイズサイト

神社検定の過去問をクイズ方式でまとめてあります。

正解率も見えるので、合格ラインの70%超えられるように一緒にがんばりましょう。

実際のテストはこんなかんじです。

Welcome to your テスト問題

伊勢神宮などのお社でよく見かけるもので、もともと茅葺きや檜皮葺きなどの葺き屋根を押さえるためにおかれていたものとは?
平安時代になると、本地垂迹説という考え方が生まれます。この日本の神々は仏の仮の姿の現れとする考え方から(ア)という新しい神様の称号(神号)が生まれました。そして、神社の本殿に神像や仏像を安置し、神社の境内に寺院を立て、神職とならんで僧侶が祭祀や管理を行う例もでてきました。これを一般に(イ)といいます。 (イ)に入る言葉は?
田心姫神(たごりひめのかみ)と湍津姫神(たぎつひめのかみ)、市杵島姫神(いちきしまひめのかみ)の宗像三女神は、天照大神の名を受けて宗像の地へ降臨されます。それが宗像大社です。宗像三女神は〇〇と称されます。「貴(むち)」とは神に対する尊い呼び方で、宗像三女神は貴い道の神という意味です。

問題は随時追加しています。ある程度追加したら有料化します。今のところは無料で登録していただければチャレンジできるようにしてあります。よろしければ登録してください。

なお、いただいたメールアドレスは厳重に管理し、サイトのメンテナンスや有料化のお知らせを差し上げる以外には利用しないことをここにお約束いたします。


新規ユーザー登録
*必須項目

タイトルとURLをコピーしました